メニュー

第12回「大学リレーセミナー」(2018月1月24日)を開催しました

更新日:2018年2月28日

第12回「大学リレーセミナー」(第19回「KICK交流会」)開催報告

 (公財)京都産業21では、けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)にお
きまして、入居企業、けいはんな学研都市に立地する研究機関や企業、支援機関の方々にも参
加していただき、研究内容や事業内容などの事例紹介、外部講師による話題提供などの相互交
流の場づくりを進めています。
 今回、“スマートライフ”をテーマとして、第12回大学リレーセミナーを開催しました。

【日時】 2018月1月24日(水) 18時~20時

【場所】 けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)
     3階「会議室」

【プログラム】
   第1部
   「殺菌しない感染抑制剤の応用展開」
    殺菌剤の使用は、特に健全な皮膚機能に悪影響を与えるため、殺菌せずに病原細菌の
   毒素産生だけを抑え感染を防ぐ薬剤(感染抑制剤)を発見されました。これは、ほぼ全
   ての病原細菌に作用し、また食品添加物として認可されていて安全性が高いことが特徴
   とのことです。そのため、医薬品だけでなく医薬部外品・日用品での活用が期待されま
   す。応用展開の可能性や今後企業が取り組むべき技術開発について言及されました。

     講師:宮崎 孔志 先生
        京都府立大学大学院  生命環境科学研究科  応用生命科学専攻 准教授
        
   第2部
   「体感温度と生活季節で天気予報を変えられるか」
    暑さ寒さの感覚は気温だけでなく、湿度や風速、日差しなど多くの要素に左右されま
   す。天気予報からこれらの情報を瞬時に読み解き、例えば、ちょうど良い服装を選ぶの
   は、実はそう簡単ではありません。これを実現するために、蒸発・対流・放射・伝導・
   代謝・日射などの影響を考慮した人体熱収支式にもとづいて体感温度を数値化する研究
   事例や空調機器の使用開始・終了時期などを示すことができる生活季節の研究に取り組
   んでこられた成果について紹介されました。

     講師:長野  和雄 先生
        京都府立大学大学院 生命環境科学研究科 環境科学専攻 准教授

いずれも、お話 40分、意見交換 20分の枠におきまして、参加者との活発な意見交換が行わ
れました。

【参加者】 32名    
  
今後も定期的に開催しますので、引き続き多数の皆様のご参加をお待ちしています。

5IMG_0052 (640x480) 1IMG_0037 (640x480)

6IMG_0048 (640x480) 2IMG_0040 (640x480)

8IMG_0071 (640x480) 4IMG_0030 (640x480)

7IMG_0070 (640x480) 3IMG_0025 (640x480)

年度別アーカイブ

カテゴリー