メニュー

「女子大生と技術者・研究者のためのオープン道場カフェ@けいはんな」を開催しました

更新日:2017年12月25日

「女子大生と技術者・研究者のためのオープン道場カフェ@けいはんな」開催報告

 

 KICKを拠点としたイノベーション創出を目指して、けいはんな学研都市に立地する大学や
研究機関・企業等に在籍する女性研究者・技術者等と女子大生との交流等の場を設けました。

1 日 時   平成29年12月7日(木)18時~20時50分
2 場 所   KICK 211号室
3 出席者   参加者48人

4 概 要
(1) はじめに
・奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 教授 井上美智子氏
 井上教授が従前から取り組まれている「けいはんな女性研究者ネットワーク」の取組の概要
 を説明。

DSCF2379 (800x600)

・NTTコミュニケーション科学基礎研究所 主任研究員 荒木章子氏
 荒木氏はIEEE関西支部のWIE(Women In Engineering)会長でもあり、同学会での
 女性研究者等の活動状況を報告。(WIEは、テクノロジー分野で活躍する女性技術者・研
 究者の自立と連携を支援するためのローカルユニット)

(2) 先輩女性研究者のお話と意見交換
・同志社大学大学院 脳科学研究科 教授 藤山文乃氏
 テーマ「研究者としての私の生き方」
 藤山教授は神経内科専門医。父、兄ともに医師である環境に育った中で、パーキンソン病の
 原因となる「大脳基底核」という領域の神経伝達のメカニズムに興味を持ち、双子の子ども
 を連れて、イギリス、続いてアメリカの大学の同分野の2教授に師事されたことなど、女性
 研究者としての生き方を紹介。

DSCF2105 (800x600) DSCF2093 (800x600)

(3) 学生チームによるグループ活動の成果紹介と意見交換
  <ファシリテータ:井上教授>
・奈良女子大学 理系女性教育開発共同機構
「意欲ある学生支援事業「おたすけ」」採択グループ「あぐりぶ」
 奈良県内の農家との交流を通して、奈良県の農業の特徴や、産業と食への理解を深める活動
 についての報告

DSCF2164 (800x600) DSCF2176 (800x600) DSCF2197 (800x600)

・同志社ローム記念館プロジェクト「アトリエフレームワークス」
 同志社ローム記念館プロジェクトの紹介と触って遊べるデジタルアート(インタラクティブ
 アート)の開発についての報告

DSCF2250 (800x600) DSCF2244 (800x600) DSCF2270 (800x600)

(4)女子学生向けミニ講座
・株式会社福寿園CHA研究センター 研究開発部 部長 渡辺祐子氏
 テーマ「お茶と美容・健康」
 学生時代に薬用植物学を専攻し、製薬メーカーを経て(株)福寿園に入社。これまでの女性研
 究者としての取組を説明、同社の商品「インスタント緑茶 伊右衛門」は自身らが開発され
 たもの。

DSCF2347 (800x600)

(5)フリートーク
・出席者がグループ毎に意見交換を進めた。

 DSCF2370 (800x600)

         <NTT CS研>          <  奈良女子大学 >
    主任研究員 荒木章子 氏    副学長 藤原素子 氏

年度別アーカイブ

カテゴリー