メニュー

第4回「大学リレーセミナー」(第9回「KICK入居交流会」のご案内)

更新日:2017年1月25日

第4回「大学リレーセミナー」(第9回「KICK入居交流会」のご案内)

(公財)京都産業21では、けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)におきまして、入居企業に加えまして、けいはんな学研都市に立地する研究機関や企業の方々、支援機関の方々にも参加していただき、研究内容や事業内容などの事例紹介、外部講師による話題提供など、相互交流の場づくりを進めています。

その一環として、この度、下記の通り、“スマートライフ”דスマートエネルギー&ICT”をテーマとする第4回大学リレーセミナーを開催いたします。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

 

【日時】2017年 3月 7日(火) 18時~20時

【場所】けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK) 3階「会議室1,2」

 

【プログラム】:

1)「脳の活動をいかに社会に活かすか」

       奥田 次郎 京都産業大学  コンピュータ理工学部 インテリジェントシステム学科 教授

           記憶や言語、意思決定、コミュニケーションなど、人間の高度な認知・社会能力を
           成立させる脳情報処理メカニズムについて、脳波や機能的MRIなどの脳活動計測技術
           を用いて研究を行っている()。近年では、脳計測の応用技術であるブレイン・マシン
           インタフェース(BMI)や、ニューロフィードバック自律訓練にも興味を持っており
           、当該分野の今後の進むべき方向とベンチャー企業らが目指すべき技術開発について
           言及していただく予定。

               *:例えば、
        新学術領域研究
  「ヘテロ複雑システムによるコミュニケーション理解のための神経機構の解明」 (2009-2013)
               および「非線形発振現象を基盤としたヒューマンネイチャーの理解 」(2015-2019)など

 

2)「心理物理学による視覚の基礎研究とその産業応用 」

       篠田 博之 立命館大学  研究部長、情報理工学部 知能情報学科 教授

           心理物理学的手法を用いた視覚系の認識メカニズム解明のための基礎的な研究や
           色彩工学や視環境工学への応用研究について、デモも取り入れながら概説していた
           だく。とくに、視覚研究の知見や成果が日常生活や産業にいかに密接に関係し活用
           されているかについて説明、さらに今後企業が取り組むべき技術開発についても言
           及していただく予定。

 

  いずれも、お話 40分、意見交換 20分を予定。

 

【定員】50名(申込が定員を超えた場合は抽選となります)

【参加費】 500円/人(茶菓代として、当日集金させていただきます)

【参加申込】メールの件名に「第4回大学リレーセミナー参加申込」と明記のうえ、

kick(あっとまーく)ki21.jpへお送りください。

 ・参加者氏名(ふりがな)(必須)

 ・ご所属、部署、役職(必須)

 ・連絡先住所(必須)

 ・電話番号(必須)

 ・メールアドレス(必須)

 【申込締切】 2017年2月28日(火)

 

>第4回「大学リレーセミナー」

年度別アーカイブ

カテゴリー